はじめに

少子化による急速な人口減少と高齢者人口がピークに達する2040年。
65歳以上の人口が全人口の35%となり、 社会保障費の負担額増加や、 あらゆる業種で人手不足が発生すると言われ、特に医療・福祉・介護分野は深刻です。
さらに、高度経済成長期に整備された建物や橋梁、下水道などのインフラが築年数50年を超え、老朽化による維持・管理費が増加します。
私は、100年先の郡山市の繁栄のために、
みんながワクワクする新しいこおりやまを創ります。

私は郡山市で生まれ育ち、郡山市職員・市議、県議としてまちづくりに携わってきました。地域のことはその地域の人が知っています。郡山市の発展に尽力している商業・工業・農業それぞれの機関・団体の皆さまはじめ、 大学、労働団体、町内会やNPO法人などあらゆる皆さまと手を携えて、福島県と連携しながら「新しい こおりやま」を創り未来へつなぎます。
そこで、5本の柱を提案します。

  1. 「活気があふれ潤いがあるまち こおりやま」をつくります。
  2. 不安なく健やかに暮らせる
    「先進医療都市 こおりやま」を目指します。
  3. 産業が元気で、働く人が幸せを感じる
    「誇りと愛着を持てるまち こおりやま」をつくります。
  4. 若い世代が輝き、すべての市民が
    「いきいきと笑顔が広がるまち こおりやま」をつくります。
  5. 暮らしやすい
    「持続可能なまち こおりやま」をつくります。


第1の柱

...

「活気があふれ潤いがあるまち こおりやま」をつくります。

第2の柱

...

不安なく健やかに暮らせる「先進医療都市 こおりやま」を目指します。

第3の柱

...

産業が元気で、働く人が幸せを感じる「誇りと愛着を持てるまち こおりやま」をつくります。

第4の柱

...

若い世代が輝き、すべての市民が「いきいきと笑顔が広がるまち こおりやま」をつくります。

第5の柱

...

暮らしやすい「持続可能なまち こおりやま」をつくります。